ホームページの閲覧者を増やすには?

見てもらいたければ「見たい」と思うものを

ビジネスのためでも趣味としてでもホームページを作ったからにはたくさんの人に見てもらいたい。そう思うのは当然です。そのためには、まず作成した内容いわゆるコンテンツが充実していることが重要です。商売のために作ったページであるなら、これは死活問題です。たとえばコンピュータを販売するサイトを作成したとして、ただ単に商品を買うためのリンクと映像それに性能表を列記していても買う人はいないでしょうし見に来る人も少ないでしょう。賢いデータの整理方法や便利なショートカットキーの使い方など製品情報以外に「このページを見てためになった」という情報を提供するような付加価値が必要です。「見に来てよかった」と思えるものがあって初めて閲覧者は増えていきます。

見やすさと宣伝の方法を考える

内容が充実したら、次に使い勝手を考えます。閲覧者が多いホームページというのは見易いページです。現在閲覧しているページがサイト全体のどの階層にあるのかをページに常に表示したり(通称「パンくずリスト」)、サイト内を検索できる機能をつけたり、サイトマップを作ったりしましょう。閲覧しやすいページはブックマークしておいて再訪問する確率が高いことは、自分がインターネットを使っていて経験されていると思います。
また、宣伝することも大切です。ただし掲示板やツイッターで無計画に投稿しても逆効果です。必要としていない情報を押し売りされると誰しも良い気分はしません。宣伝は、自分が作ったのと同じ分野のサイトを紹介している掲示板や、宣伝専用のランキングサイトを利用しましょう。こちらから追いかけるのではなく「こういう情報はないかな」と探しに来た閲覧者を捕まえるイメージです。サイトの紹介文は日頃から準備しておきましょう。

ホームページ作成の見積もりは専門用語が飛び交っていて初心者にはわかりにくいものです。ページ数やそれにかかる費用を理解して、損のない見積もりをしてもらいましょう。