見やすいホームページとは?

文字のレイアウトに気を配る

取り扱うジャンルにもよりますが、ホームページの大部分を構成するのは文章です。訪問者に対して伝えたい内容をストレスなく読んでもらうためにも、文字に関するレイアウトには気を配るようにしましょう。
まず注意したいのが、文字の大きさや行間などの基本的な部分です。文字の大きさは大きすぎず小さすぎない、適度なサイズに設定することがポイントとなります。見落としがちなのが行間ですが、これは文章と文章の間の隙間のことです。行間を詰め過ぎても読みづらいですし、逆に空けすぎると散漫な印象になってしまいます。読んでいて疲れないくらいの行間がちょうどよいでしょう。
さらに気をつけたいのは文字の配色です。文字自体の色はもちろん、背景色とのバランスも考えて組み合わせることで、より文章の読みやすさを高められるはずです。さまざまな組み合わせを試してみて、自分なりのベストなレイアウトを見つけてみてください。

見出しを効果的に使う

ホームページの見やすさを追求する上で、ひとつの手助けとなるのが、見出しの存在です。見出しとは、それぞれのコンテンツの内容を示すタイトルのようなもので、一種の区切りとしての役割も果たしています。この見出しを「大見出し」と「小見出し」とで使い分けていくことで、ホームページの内容をわかりやすく訪問者に伝えることが可能です。
たとえば、メインコンテンツが写真である場合、大見出しに「写真」などと表示し、小見出しで「海」や「空」などと細かい内容を示していくとよいでしょう。こうすることで、見ている人にコンテンツの概要を伝えつつ、内容をすっきりと整理された状態で提供することができるのです。
さらに、見出しに色をつけたり装飾を添えたりすると、見やすさとともにオシャレ感もアップします。ワンポイントの飾り代わりに配置してみてください。